2022年3月25日金曜日

「スマートエネルギーWeek 2022 春」に出展しました

今回ベルテックは『レジリエンスの強化は耐震固定から』を訴求しました。

災害時の避難所に指定されている公共施設は、レジリエンス(災害時の復旧性)の強化が求められています。災害時における避難場所の電源確保には、太陽光発電設備の耐震固定が必須です。

設備機器を確実に固定するベルベース大きな地震時にも発電障害から避難所等を守ります



耐震性に優れたベルベースは、二度の震度7記録した熊本地震でも被害はありません。   ・前震:平成 28年(2016年) 4 14 日(木)                                ・本震:平成 28年(2016年) 4 16 日(土)

ソーラー設置で、公共建築物に求められる条件                          ①レジリエンス(生残性・復旧性)があること                     ②加害性が無いこと/安全性の確認ができる工法                    ・飛散して周囲を傷つける                             ・動いて防水層を損傷させる                            ③構造計算により、確実な固定が確認可能なこと/構造検討(計算)ができる工法

 

316日(水)深夜の福島沖地震の影響で東北地方の一部の火力発電が停止し、東京電力・東北電力管内の広い範囲で22日に電力が不足する可能性があるとして、政府が初の「需給ひっ迫警報」を出し節電を呼びかけました。地震による火力発電の停止に合わせて季節外れの寒さによるものです。 東京では、一時期正午でも気温が1.9と真冬のような寒さとなり、エアコンや暖房器具の利用も大幅に増えることが予想され今回の発令に至ったものと考えられます。

このような災害時に、太陽光発電を強固に固定して太陽光発電所を守り地域の速やかな復興のお役に立つことがベルテックの願いです。

この度の地震で被災された方々には心からお見舞い申しあげます。 また、復興にご尽力されている皆様には、安全に留意されご活躍されることをお祈り申し上げます。

 

 ●展示会風景












2021年12月6日月曜日

『ベルベース』BCJ評定取得のご紹介

 当社では「設備用鋼製基礎ベルベース」について、一般財団法人日本建築センターの
評定(BCJ評定)を取得しています。
 
 この評定は、国土交通省の関係機関である日本建築センターが「ベルベース」について、
強度・機能・品質などを審査し、構造安定性について確認をしたものです。
 
 ベルベースは、軽量・短工期・防水工事を考慮した製品設計などにより好評を頂いておりますが、BCJ評定を取得したことにより製品に対する信頼性が更に高まっています。










2021年10月4日月曜日

「PV EXPO 秋 2021」に出展しました。

 
 新型コロナ感染拡大の影響で一時期は開会も危ぶまれましたが、本展示会では、日本展示会協会のガイドラインに基づき、様々な感染拡大予防策を運営側と出展側が協力して実施し盛況のうちに終了いたしました。

 本展示会におきましては、2050年カーボンニュートラルに向けて、太陽電池メーカー、システムインテグレーター、発電事業者、部材装置メーカー等合計300余の企業様が集結し情報を発信いたしました。

 弊社は、鋼製基礎「ベルベース」の特徴である「合理的な強度」「工期短縮」「軽量化」「乾式化」「長寿命」等に加えて、建築物の屋根(屋上)に求められる、最も大切な使命である雨水の侵入を許さない防水を熟知した製品設計をご提案しご好評をいただきました。すぐに見積もりのご依頼を頂戴し今後の展開が期待されます。













2021年7月14日水曜日

ベルテック本社屋上に5G対応携帯電話基地局開設しました。

  第5世代移動通信システム(5G)の登場は、通信業界だけではなく、数多くの企業に新しい機会をもたらしています。弊社が製造販売している携帯基地局用鋼製基礎「ベルベース」の出荷拡大にも大いに期待できる状況となっています。

 さて、この度は弊社の本社屋上に5G対応携帯基地局が開設されたことに伴い、支持柱用:ベルベースP-G、及び新製品のラック用架台:ベルベースTAの視察説明会を参加者45名のもとに開催しました。携帯基地局ではすでに3,000箇所近くご採用いただいておりますが、今後発展が期待される5G基地局にも最適な鋼製基礎「ベルベース」の機能性・施工性・強度などを、実際の設置状態や展示品などで体験して頂きました。

 ベルベースは大手ゼネコン様をはじめ全国の各自治体に幅広く採用頂いております。


                               建材事業部 渡瀬 真英



















2021年4月1日木曜日

ベルテック社内研修会を実施しました。


 4月1日より新年度ということで新生活が始まる方も多くいらっしゃるかと思います。

当社においても3月21日から新年度がスタートしました。それに伴い、新型コロナ感染症対策を講じたうえで社内研修会を開催いたしました。

今回が初となる試みで各営業所より本社へ社員を招待し、3月29日~4月1日の4日間に渡り少人数単位での開催となりました。

普段は触れることの少ない社内制度の説明会から始まり、業界における当社の立ち位置についての紹介、参加者同士での情報交換会、役員懇談会など社員にとっても実りのある時間となったのではないでしょうか。


当社では今後も目標・課題に対し、一丸となって協力し合える体制を役員やベテラン社員、若手社員の垣根を越えて作り上げていく活動を実施してまいります。




2021年3月22日月曜日

令和3年度 発令式を行いました。

本日3月22日より、新年度が始まりました。
松田社長の訓示、辞令交付から始まり、今期も社員一丸となって業務に邁進してまいります。
   




2020年8月7日金曜日

当社における新型コロナウイルス感染者の発生について

 

令和287

 

各  位

 

    株式会社ベルテック 

代表取締役社長 松田良治

 

当社における新型コロナウイルス感染者の発生について

 

85日、当社、東京営業所(東京都台東区)にて勤務している2名が、新型コロナウイルスのPCR検査の結果、陽性であることが確認されました。

 

感染者の勤務していた職場については、PCR検査の報告を受けた85日時点で消毒作業を実施しており、817日に再度の消毒作業を実施する予定です。

なお、当該感染者は、731日を最後に職場には出社しておりません。

既に社内の濃厚接触者については、所轄保健所の聞き取り調査等も終えており該当者がいないことを確認しております。

 

今後も当社は関係機関の方針・指導に従い感染防止に対する取り組みと健康状態の確認をより一層進め社内外での感染拡大防止に努めてまいります。皆様のご理解とご協力お願い致します。

 

以  上